DIGITAL MARKENTING CONSULTING

  • IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!
    船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
  • お問い合わせ
  • 資料請求

コンサルタントコラム

お役立ち情報配信 無料メルマガ登録 売れる商材を知りたいという方へ IT Business Consulting
マネジメント

斉藤 芳宜

わかりやすく伝える3つのポイント 斉藤芳宜【ITマネジメントコラム 2012-11-23】

私は、年間50回ほど講演やセミナーをしていますが、感想で圧倒的に多いのは、「わかりやすかったです」というものです。

 

わかりやすい話をする。

 

これは、私が最も重視していることなので、その感想をいただくと非常にうれしいです。

 

特に、私が専門にしているIT業界は、「わかりにくい」業界です。

 

難しいカタカナや英文字3文字が連発され、聴衆者を「?」マークするのが得意な業界です。

 

「どうやったら、わかりやすく話ができるのですか?」

 

という質問をよく受けます。

 

私が気をつけているのは次の3点です。

 

1.結論を常に意識する

 

 

人前で話をする際に最も重要なのは、「結局、何が言いたいのか」ということだと思います。

 

私は講演テキストを作る際に常に自問自答するようにしています。

 

「結局、自分は何を伝えたいのか?」

 

テキスト作りに行き詰ったり、頭が混乱してきた時には、必ず上記の言葉を自分に問いかけます。

 

結論のない話ほどわかりにくいものはありません。

 

結論は、話をする際はもちろんですが、講演テキストを作成する時から常に意識する必要があります。

 

2.結論に行き着く話の流れ

 

私が講演テキスト作りで細心の注意を払うのは「話の流れ」です。

 

いかに講演内容がよくても、流れが悪いとうまく伝わりません。

 

話の流れをスムーズにするポイントとしては、いきなりパワーポイントでテキストを作ってはいけないということがあります。

 

全体の流れを設計せずに、パワポで作り出してしまうと、絵やレイアウトなどの細かい所が気になってしまい、全体の流れを見失ってしまうことがあります。

 

まずは、パワポを使わずにワードなどで全体の目次やスライドのタイトルを先に作り、それが結論に向けてスムーズな流れになっているかどうかのチェックに時間をかけます。

 

ここで導線がうまく設計されないと、わかりやすい話になりませんから、この作業は重要ですし、最も時間をかけるべき作業です。

 

3.余計なものをそぎ落とす

わかりやすい話をする際に、これまた重要なのが「捨てる」ということです。

 

わかりにくい話というのは、伝えたいことが多すぎて結局何が言いたいのかわからない、というケースです。

 

いっぱい言いたいことがある!という気持ちはわかりますが、聞き手にとってもそんなに多くの情報を受け取ることはできません。

 

そうなると、言いたいことを絞り込む。余計な話をそぎ落とす必要があります。

 

思い切って捨てることができるか?

 

これがわかりやすい話ができるかどうかのポイントになります。

 

ここで、1.に戻ってください。

 

「結局、自分は何を伝えたいのか?」

 

その原点に戻ると、余計な話を捨てることができます。

 

この3点に気をつければ、あなたもわかりやすい話ができるはずです。

 

ぜひ試してみてください。

コラム執筆者のプロフィール

船井総合研究所 グループマネージャー シニア経営コンサルタント
斉藤 芳宜

福井県出身。神戸大学経営学部卒。中小企業診断士。
大手通信会社においてIT関連の新規事業立ち上げのチームリーダーを経て、船井総研に入社。
現在、船井総研・IT企業コンサルティングチームにおいて、特に即時業績アップにつながるコンサルティングを得意とする、IT・ソフト開発会社専門コンサルタントである。「答えは現場にしかない」という信念のもと、年間250日以上を現場での調査と業績アップ支援に充てている。IT企業経営者向け総合情報サイト「ITベンダー経営.com」の運営統括責任者であり、全国のIT企業経営者を組織化し、オンリーワン高収益企業の輩出を目指す勉強会「ITベンダー 経営研究会」を主宰している。
斉藤芳宜のブログはこちら 》
斉藤芳宜のフェイスブックはこちら 》

無料メルマガ登録はこちら

CONTACT

株式会社船井総合研究所
ITビジネスコンサルティングチーム

  • 〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-6-6
    日本生命丸の内ビル21階

  • 0120-958-270【受付時間】平日9:00~18:00
    お問い合わせの際は「デジタルマーケティング
    のサイトを見て」とお伝えください。
フォームからのお問い合わせ