DIGITAL MARKENTING CONSULTING

  • IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!
    船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • TOP
  • >
  • コンサルタントコラム一覧
  • >
  • ヤル気をもって臨んだ仕事の効果とは?【1:1.6:1.6の2乗の原理】 柴崎智弘【ITマーケティングコラム 2013-01-09】

コンサルタントコラム

お役立ち情報配信 無料メルマガ登録 売れる商材を知りたいという方へ IT Business Consulting
マネジメント

ヤル気をもって臨んだ仕事の効果とは?【1:1.6:1.6の2乗の原理】 柴崎智弘【ITマーケティングコラム 2013-01-09】

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

日日ありがとうございます。

 

2013年一回目のブログは、
効果的な仕事をしていただきたく、船井流101の経営法則より
ご紹介させていただきます。

 

今回は、「1:1.6:1.6の2乗の原理」です。

 

人間は、嫌な仕事でも、強制されればできる一面をもっています。

 

仮に、その状態(強制されて行った場合)を「1」とすると

 

強制されずに、自ら納得して行ったとすると、その時の仕事の率は「1.6」になると
船井総研創業者の船井幸雄は著書なかで話しております。

 

さらに、同じ仕事を、自分で自ら参加して、納得してやった場合は、
強制されてやった場合と比べて、「1.6の2乗」くらいの効率に
なるというのです。

 

これを1:1.6:1.6の2乗の原理

 

と、呼んでいます。

 

人間は、自らを非人間化されたときに、最も傷つけられるらしいです。

 

反対に、心理的に満足したときに、エネルギーを発揮するようです。

 

この点を生かして、経営者の皆さまには、従業員さまに対して

 

また、従業員の皆さまには、どうせ同じ働くのであれば、
強制されてやるのではなく、「素直に」「自ら」「納得」して

 

仕事をした方が、エネルギーがでるということですので

 

是非、参考にしていただき、充実した仕事をしていただきたいと思います。

 

 

ちなみに、具体的にどうしたら、自ら納得して動くのかということですが

 

私の経験から、「今の仕事の意味」「意義」を認識したときに
自ら納得が得られると思います。

 

そういう状態にするために、朝礼等で、社長やリーダーの方々から
自社、部署の仕事のミッション(使命)を発信し続けている会社さんは
とりわけ、従業員が、自分の仕事に意義を見出し、元気に仕事をしているようです。

 

経営者の皆さまから良く聞くのは
「この前、言ったんだけどな・・・」「1回言ったんだけどな・・・」
というお話しを良く聞きます。

 

ただ、残念ながら、従業員の皆さんは、1回や2回では、なかなか腹に落ちないようです。

 

是非、1回言ったからといわず、繰り返し社員の皆さまに、ミッションを語り続けて頂きたいと思います。

 

最後までお読み頂きまして有り難うございます。

 

是非、エネルギー全開でお仕事していきたいものですね。

 

今年一年もよろしくお願い致します。

 

感謝。 

無料メルマガ登録はこちら

CONTACT

株式会社船井総合研究所
ITビジネスコンサルティングチーム

  • 〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-6-6
    日本生命丸の内ビル21階

  • 0120-958-270【受付時間】平日9:00~18:00
    お問い合わせの際は「デジタルマーケティング
    のサイトを見て」とお伝えください。
フォームからのお問い合わせ