DIGITAL MARKENTING CONSULTING

  • IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!
    船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
  • お問い合わせ
  • 資料請求

コンサルタントコラム

お役立ち情報配信 無料メルマガ登録 売れる商材を知りたいという方へ IT Business Consulting
ビジネスモデル

斉藤 芳宜

世界No.1の会計事務所の働き甲斐のある仕組み 斉藤芳宜【ビジネスモデルコラム 2014-07-11】

世界最大の会計事務所であるデロイト・トウシュ・トーマツ。

 

世界四大会計事務所(BIG4)の1つです。

 

ちなみに、BIG4とは、イギリスのロンドンに本部を置くアーネスト&ヤングと、プライス・ウォーターハウス・クーパーズ、オランダのアムステルダムに本部を置くKPMG、そして、ニューヨークに本部を置く、世界最大のデロイトになります。

 

グローバル化された現代においては、当然お金も国をまたいで移動します。

 

利益も移動すれば、原価も移動します。

 

当然、国によって会計基準は異なっていますので、国が違えば、利益も税金も変わることになります。

 

そこで、現在は、国際会計士連盟(IFAC)により設立されたフォーラム・オブ・ファームズという国際的な会計士ネットワークによって、国際的な会計基準の設定や品質管理が維持されています。

 

つまり、会計はいわば政治の枠組みとは独立して構成されている世界の共通言語ともいうこともできるでしょう。

 

フォーラム・オブ・ファームズの構成メンバーは、ほとんどが、単一事務所ではなく、各国の会計事務所同士のネットワークです。

 

単一事務所でありながら、このフォーラム・オブ・ファームズでも最大の規模を持つのが、デロイトです。
世界の共通言語に最も強い影響を与えているのが、このデロイトであるといっても過言ではないでしょう。

 

さて、このデロイト。単体だけで、そしてアメリカ国内だけで、従業員は45,928人います。

 

そしてデロイトは、世界150カ国に展開し、その従業員は世界中で20万人を超えるといわれています。

 

そして、GPTW(Great Place To Work)受賞企業の常連であるのも、このデロイトです。

 

受賞暦なんと15回。昨年は47位、今年は61位。

 

世界No.1の会計事務所は、「働き甲斐」にも力を入れています。

 

デロイトで有名な仕組みに、“Impact Day”というものがあります。

 

これは、ざっくり言うと、地域貢献のための日です。

 

従業員がそれぞれのスタイルで、ボランティアをしたり、寄付を行ったり、非営利組織に対する指導を行ったり、社会貢献を行うための休日。

 

ある従業員は、こうコメントします。

 

「組織に帰属しながらも、収益だけを追い求める立場から、1日でも絶対的に開放される日が設定されていることは、日々数字を追い続ける会計事務所だからこそ、重要なことかもしれません」

 

デロイトは巨大があるが故に、働き甲斐に関するエピソードも盛りたくさん。

 

詳しくは、グレートカンパニー視察セミナーでの講演をお楽しみに。

コラム執筆者のプロフィール

船井総合研究所 グループマネージャー シニア経営コンサルタント
斉藤 芳宜

福井県出身。神戸大学経営学部卒。中小企業診断士。
大手通信会社においてIT関連の新規事業立ち上げのチームリーダーを経て、船井総研に入社。
現在、船井総研・IT企業コンサルティングチームにおいて、特に即時業績アップにつながるコンサルティングを得意とする、IT・ソフト開発会社専門コンサルタントである。「答えは現場にしかない」という信念のもと、年間250日以上を現場での調査と業績アップ支援に充てている。IT企業経営者向け総合情報サイト「ITベンダー経営.com」の運営統括責任者であり、全国のIT企業経営者を組織化し、オンリーワン高収益企業の輩出を目指す勉強会「ITベンダー 経営研究会」を主宰している。
斉藤芳宜のブログはこちら 》
斉藤芳宜のフェイスブックはこちら 》

無料メルマガ登録はこちら

CONTACT

株式会社船井総合研究所
ITビジネスコンサルティングチーム

  • 〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-6-6
    日本生命丸の内ビル21階

  • 0120-958-270【受付時間】平日9:00~18:00
    お問い合わせの際は「デジタルマーケティング
    のサイトを見て」とお伝えください。
フォームからのお問い合わせ