DIGITAL MARKENTING CONSULTING

  • IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!
    船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
  • お問い合わせ
  • 資料請求

コンサルタントコラム

お役立ち情報配信 無料メルマガ登録 売れる商材を知りたいという方へ IT Business Consulting
経営

兎澤 直樹

中小企業がITを活用する”4つの使い道” 兎澤 直樹【経営コラム 2016-06-22】

「ITって今まで正直よく分からなくて、苦手意識がありましたが、

 

 今日の講演で自分たちの会社でITを活用するイメージが持てました…!」

 

先日、ある地域の中小企業経営者30名ほどの前で講演させていただいたときに、

 

講演を聞かれた参加者の方から、そのように言われました。

 

その方のお話をさらにお聞きしていると、

 

「今はいろいろなITツールがあり過ぎて、何が良いのかよく分からない」

 

「ツールばかりが先行して、そもそも何のために会社でITを活用すればよいかがぼやけていた」

 

「そもそもの”ITの使い道”が整理できた」

 

とおっしゃっていました。

 

ちなみに、そのときの講演させていただいたテーマは、

 

『インターネット新時代に会社を伸ばすIT活用術

   ~上手にITを活用できる会社が生き残る!~』

 

というものでした。

 

そして、その参加者とのお話の中で気づいたことは、

 

多くの中小企業では、

 

『そもそもITというものを何のために会社で活用するのか?』

 

 

という根本的な部分の理解が意外と促進されていない、ということです。

 

だからエンドユーザーも導入の検討をしようがない、

 

ということが、意外と多いのではないか。

 

みなさんの会社でも、

 

「自社のアプリケーションの紹介」に終始していませんでしょうか?

 

今は様々なアプリケーションがあり過ぎて、

 

何が良いのかエンドユーザーにとって分かりにくい状態です。

 

ITツールが軒並み並ぶ展示会に参加してブースで説明を聞いても、

 

「こんな機能がついてて」

「こんな風に画面に表示されて」

 

などという説明が多く、目的や投資対効果が分かりにくいと感じることが多いです。

 

その中で、あなたも同じようにただ商品の紹介をしても、

提案が他のアプリケーションと混同されてしまいます。

あなたの提案の有効性・必要性が伝わりにくい状態なのです。

 

しかし、本来であれば、中小企業だからこそ、

うまくITを武器として新たな付加価値を生み出すために活用すべきです。

 

そして、このメルマガをお読みいただいているみなさまの多くは、

そのためのエンドユーザーのサポートをされているのだと思います。

 

そうだとすれば、単なる商品紹介ではなく、

その前提として、ITを活用する目的を認知していないエンドユーザーに対して、

それを分かりやすく伝えられる手だてを持っておくことは、とても有効だと感じます。

 

そして、ITの使い道は主に4つあります。

 

その話を、僭越ながら講演の中でさせていただいたところ、

ITを活用するための根本的な選定基準が分かった、とのことでした。

 

その4つの使い道とは、

 

(1)既存顧客のアフターフォローを強化

 

(2)社員の生産性と働きやすさアップ

 

(3)新規顧客の獲得

 

(4)会社の情報資産の保全

 

です。

 

(1)「既存顧客のアフターフォローを強化」については、

たとえばChatworkやGoogleハングアウトを活用して、

顧客と離れていてもサポート体制を強化する使い方を検討することができます。

 

(2)「社員の生産性と働きやすさアップ」については、

EvernoteやBOXを活用すれば、資料の整理や検索・共有が容易になります。

 

(3)「新規顧客の獲得」については、

Sansanの名刺管理で眠っている名刺を有効活用できますし、

HPで新規顧客や休職者との新たな出会いを創出することができます。

 

(4)「会社の情報資産の保全」については、

ウィルスソフトやUTMや情報資産管理システムで、

自社の情報や信用を守ることができます。

 

みなさんがエンドユーザーに提案されているITツールも、

ほとんどの場合、この中のどれかに当てはまると思います。

しかし、多くの場合、あらゆる「機能の説明」が

 

「機能の説明」で終わってしまい、効果をイメージすることができません。

お客様にアプリケーション自体の紹介をする前に、

ユーザー目線でしっかりとこのあたりを伝えられるようにすると、

その有効性・必要性がより理解されやすくなるでしょう。

 

お客様があなたの提案するITツールの導入を決定するのは、

その投資対効果の高さがきちんと伝わったときだと思います。

 

様々なITツールがあふれているからこそ、

みなさまの提案が混同されないように、

改めて、一番大切な根本部分を

分かりやすく伝える工夫を練ってみてはいかがでしょうか?

コラム執筆者のプロフィール

船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント
兎澤 直樹

2010年、船井総合研究所へ入社。
地域密着型のOA機器・IT機器販売業界における業績アップコンサルティングに特化し、全国を飛び回っている。

入社以来、BtoBマーケットにおけるマーケティング・営業支援・新規事業立ち上げに従事。
これまで、IT企業、物流業、環境ビジネス、人材派遣・紹介業、弁護士・税理士・司法書士等の士業事務所、製造業など、数多くのBtoBマーケットにおけるコンサルティングを経験。

現在は、OA機器販売会社様やIT企業様における、新規開拓、セミナー/展示会マーケティング、WEBマーケティング、新規事業立ち上げ支援を行っており、多くの業績アップの成功事例を持つ。

多くの業界でのコンサルティングを経験することで培われた、数多くの実弾的な業績アップ手法に定評がある。 中でも、とことん現場に入り込み、一気に成果を高める新規開拓支援と、 セミナー/展示会マーケティングには、特にクライアントから高い評価を受けている。

兎澤直樹のブログはこちら 》
兎澤直樹のフェイスブックはこちら 》

無料メルマガ登録はこちら

CONTACT

株式会社船井総合研究所
ITビジネスコンサルティングチーム

  • 〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-6-6
    日本生命丸の内ビル21階

  • 0120-958-270【受付時間】平日9:00~18:00
    お問い合わせの際は「デジタルマーケティング
    のサイトを見て」とお伝えください。
フォームからのお問い合わせ