DIGITAL MARKENTING CONSULTING

  • IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!
    船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
  • お問い合わせ
  • 資料請求

コンサルタントコラム

お役立ち情報配信 無料メルマガ登録 売れる商材を知りたいという方へ IT Business Consulting
ビジネスモデル

地方で成り立つクラウドビジネス 長島 淳治【ビジネスモデルコラム 2015-02-09】

クラウドインテグレータという言葉、ご存知ですか?

 

お客様のご要望に、各種クラウドサービスを組み合わせて、
その解決方法をご提供すること。
今や数多くのクラウドサービスがリリースされています。
利用者側から見ると、何を選べば良いか分からない。

 

全てのサービスを比較することもできない。

 

たくさんの商品があり過ぎて、逆に選べない状況です。

 

勉強熱心な方は、ネットなどを調べて検討しますが、
多くの方は、分からないので放置。。。
地方では、そんな社長様がたくさんいらっしゃいます。

 

一方、販売する側からするとクラウド
 ・儲からない
 ・分からない
 ・売るのが難しい
と、ないない尽くしの状態です。
クラウドは、インターネット経由で販売できる
地方の流通構造を破壊してしまうモデルなんでしょうか?

 

 

いいえ。

 

日本でしか成立しないモデルがあります。

 

それが”導入&定着サポート”です。

 

サポート=代行業
これは船井総研での定義です。

 

顧客が面倒で手間が掛かること。
それを代わりに対応することに価値を置くビジネスです。

 

「日本って、誰かに教えて貰わないと導入しないんですよね」
外資系のクラウドベンダーからよく聞く話です。

 

日本の古くからの商習慣として、密着ビジネスがあります。

 

国土が狭い日本という国だからこそ、小商圏型で展開できる
密着ビジネスが成り立ちます。

 

顧客も、分からない事は出入りの会社に聞いて
教えて貰えれば良い、そう考えています。

 

わざわざネットで調べるよりも、遥かに聞いた方が楽です。
クラウドインテグレータと言われると

 

ちょっとハードルが高い印象があるかもしれません。

 

“クラウド導入&定着サポートサービス”と聞くと
いかがでしょうか?

 

クラウドはストック型のビジネスであり
ライセンスを大量に販売することがポイントになる。

 

これは事実です。
しかし、地方で成立させようとすると、高額なライセンスか
安価だが大量の販売を実現するかのいずれかしかありません。

 

そこで今後は、定着サポートによるストックモデル
中心とした展開がキーとなります。

 

顧客にとってクラウドサービスは非常に魅力的です。
しかし、クラウド導入に躓くポイント

 

 1.導入
 2.定着

 

です。

 

これをメニュー化し、地域で展開できるモデルとして実現する。
それこそが、地域で成立するクラウドビジネスのひとつの方向性です。

 

私は現在、全国16箇所でこうしたモデルを展開しています。
可能性を強く強く感じています。

無料メルマガ登録はこちら

CONTACT

株式会社船井総合研究所
ITビジネスコンサルティングチーム

  • 〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-6-6
    日本生命丸の内ビル21階

  • 0120-958-270【受付時間】平日9:00~18:00
    お問い合わせの際は「デジタルマーケティング
    のサイトを見て」とお伝えください。
フォームからのお問い合わせ