DIGITAL MARKENTING CONSULTING

  • IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!
    船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • TOP
  • >
  • コンサルタントコラム一覧
  • >
  • 成熟業種で成長するために必要な10のポイント(アメリカ視察での気づき)(2) 那須 慎二【経営コラム 2015-12-02】

コンサルタントコラム

お役立ち情報配信 無料メルマガ登録 売れる商材を知りたいという方へ IT Business Consulting
経営

那須 慎二

成熟業種で成長するために必要な10のポイント(アメリカ視察での気づき)(2) 那須 慎二【経営コラム 2015-12-02】

成熟業種で成長するために必要なポイント

 

 

1つめは

 

「事業を根底から見直し、ビジネスモデルを再定義する」

 

これは「良い意味で自己否定できるかどうか」がポイントになります。

 

人には、新しいことに挑戦するよりも、
「現状維持」に心地よさを感じる、という特徴があります。
今までに経験してきた範囲内で、物事を解釈し、答えを出し、
行動を決定する傾向があるのです。

 

新しいことに挑戦することは、時間がかかります。
失敗もするかもしれません。
「俺ってこんなにできなかったっけ?」と惨めになり、
自分を卑下することもあるかもしれません。
時間がかかるゆえに、途中で諦めの心が芽生えたり、
実際に辞めてしまうこともありえます。

 

そうなるのを承知の上で、自己否定できるかどうか。

 

あまりにも速く、変化をしている世の中に目を背けずに、
ありのままに現実を見れるかどうか。
これがポイントになります。

 

例えば、もともとラジオの広告代理店をしていた
Sq1(エスキューワン)は、
デジタルマーケティング会社へと変貌を遂げました。

 

コンピュータ技術をフルに活用する、
「デジタルマーケティング会社」に変わるわけですから
スキルもノウハウも経験も、まるで異なる環境へのシフトに
勇気を持って挑戦し、そして成功を収めました。

 

4年前までは14名だった組織体制だったのが
現在では150名まで人員拡大するまでに成長を遂げました。
会社組織として、明らかに次元が変わっているのです。

 

もう一つの例としては、
バイクメーカーであるハーレーダビッドソン

 

旧来依然として考え方である
「お客が俺たち(ハーレー)について来るべきだ」
というスタンスを維持し続けていると、
ひょっとしたら今のハーレーは世の中から完全に
消滅していたかもしれません。

 

業績不振で事業売却を行い、必死でお金をかき集めて
もう一度取り戻した時に、初めに行ったのは
「お客様の声を聞きに行く」ということでした。

 

お客様の声を聞く、ということは、ものすごく勇気のいることです。

 

自社を否定されるかもしれませんし、文句を言われるかもしれません。
耳の痛い意見も多くいただくこともあるでしょう。

 

これらを覚悟して、お客様の意見に耳を傾け、
お客様が求めていることを受け入れ、
そして実行に移しました。

 

具体的には、お客様が求めていること
「走る喜び」「カスタマイズ性」 「ハーレーらしさ」
であることを知り、
「バイクを売る」から「お客様のライフスタイルになり、寄り添う」
哲学を再定義したことが、今の業績好調の秘訣に繋がっているのです。

 

今では、衣料品・アクセサリーへと商品の幅を拡大し、
それが収益の大きな柱になっているのですから、
すでにバイクメーカーという概念が変わっているのがよくわかります。

 

このように、ビジネスモデルを再定義する、ということは

 

「一旦今までの活動を自己否定した上で、
世の中の流れに目をむけてみること」

 

と言えるかもしれません。

コラム執筆者のプロフィール

船井総合研究所 チームリーダー シニア経営コンサルタント
那須 慎二
国立苫小牧工業高等専門学校(現・独立行政法人国立高等専門学校機構)情報工学科卒業。メーカー系システム開発ベンダ、国内大手情報機器販売会社を経て船井総合研究所に入社。
 
前職ではカスタマエンジニア、システムエンジニアを経験。エンジニア特性を活かしたビジネスモデルを企画、開発に携わる。「エンジニアを活用した売上アップ」をテーマにしたコンサルティング活動に従事。
無料メルマガ登録はこちら

CONTACT

株式会社船井総合研究所
ITビジネスコンサルティングチーム

  • 〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-6-6
    日本生命丸の内ビル21階

  • 0120-958-270【受付時間】平日9:00~18:00
    お問い合わせの際は「デジタルマーケティング
    のサイトを見て」とお伝えください。
フォームからのお問い合わせ