DIGITAL MARKENTING CONSULTING

  • IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!
    船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
  • お問い合わせ
  • 資料請求

コンサルタントコラム

お役立ち情報配信 無料メルマガ登録 売れる商材を知りたいという方へ IT Business Consulting
ビジネスモデル

斉藤 芳宜

最短距離で成果を出す最も効率的で確実な方法 斉藤芳宜【ITビジネスモデルコラム 2013-03-01】

「成果を出すための一番の近道はなんですか?」

 

と言われたら間違いなくこう答えます。

 

「モデルを見つけて真似ること」

 

船井総研は「モデル法」が基本で、コンサルティングにおいてもモデルを見つけ、自社の強みを活かしつつ真似ることが重要です。

 

ゼロからいきなりビジネスを成功させるのは至難の業です。
能力も時間も運も必要です。

 

経営資源に余裕のある大企業ならまだしも、経営資源が乏しく、失敗が許されない中小企業は、確実性の高いビジネスを行う必要があります。

 

そう考えると、モデルを見つけて真似することで、最短距離で成果を出すことができます。

では、モデルとは何か?

船井総研では「ビックリ事例」と呼んでいますが、普通の会社では考えられないくらいの成果を挙げている事例をモデルにします。定量的にいうと、通常の3倍以上の成果が出ている事例をさします。

 

世の中にはビックリするような成果を出している会社が存在します。

 

その会社の取り組みを分析し、自社でできること、できないことを分析し、真似ることが可能なところは素直に真似てみる。

 

これをやれば、最短距離で成果は出ます。

 

このときに気をつけないといけないのが、変に自分流に変えないことです。

 

同じモデルを真似して、ビジネスを展開しても、成果が出る会社と出ない会社があります。

 

その違いは、素直に真似しているかどうか、です。

 

ここで、大事になるのが、船井総研で言う「成功の3条件」の1つである『素直』です。

 

素直さは成功のための重要な要素です。

さて、今回ビックリ事例をご紹介するセミナーを用意しました。

 

「Google Apps」を武器に2年で1000社の新規エンドユーザーを開拓した事例です。

 

この会社は、Google Apps関連ビジネスだけで売上12億円を達成しています。

 

まさにビックリ事例です。

 

この事例は、Google Apps販売のモデルであり、新規エンドユーザー開拓のモデルでもあります。

 

最短距離で成果を出したい方は、参加してみてください。

 

(斉藤芳宜ブログより)

コラム執筆者のプロフィール

船井総合研究所 グループマネージャー シニア経営コンサルタント
斉藤 芳宜

福井県出身。神戸大学経営学部卒。中小企業診断士。
大手通信会社においてIT関連の新規事業立ち上げのチームリーダーを経て、船井総研に入社。
現在、船井総研・IT企業コンサルティングチームにおいて、特に即時業績アップにつながるコンサルティングを得意とする、IT・ソフト開発会社専門コンサルタントである。「答えは現場にしかない」という信念のもと、年間250日以上を現場での調査と業績アップ支援に充てている。IT企業経営者向け総合情報サイト「ITベンダー経営.com」の運営統括責任者であり、全国のIT企業経営者を組織化し、オンリーワン高収益企業の輩出を目指す勉強会「ITベンダー 経営研究会」を主宰している。
斉藤芳宜のブログはこちら 》
斉藤芳宜のフェイスブックはこちら 》

無料メルマガ登録はこちら

CONTACT

株式会社船井総合研究所
ITビジネスコンサルティングチーム

  • 〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-6-6
    日本生命丸の内ビル21階

  • 0120-958-270【受付時間】平日9:00~18:00
    お問い合わせの際は「デジタルマーケティング
    のサイトを見て」とお伝えください。
フォームからのお問い合わせ