DIGITAL MARKENTING CONSULTING

  • IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!
    船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
  • お問い合わせ
  • 資料請求

コンサルタントコラム

お役立ち情報配信 無料メルマガ登録 売れる商材を知りたいという方へ IT Business Consulting
マネジメント

斉藤 芳宜

激変の時代だからこそ、包み込みの発想を 斉藤芳宜【ITマネジメントコラム 2013-01-10】

船井総研には、「包み込みの発想」という考え方があります。

 

これは、一番企業になるためのマーケティング手法でもあり、自分と正反対の意見や考えをも包み込んで新しいものを生み出すという人間哲学そのものでもあります。

 

2013年は大きな変化が起きそうです。

 

その変化に対応するためにも、「包み込みの発想」を持っておきたいものです。

 

そこで、船井幸雄著「包み込みの発想」を読み返し、自分自身に置き換えて考えてみました。

 

 

1.正しい理念、哲学を持とう

 

激変の時代、不確実な時代こそ、正しい人間としての理念・哲学を持たなければなりません。

 

私のIT業界に対するミッションは、「多段階下請構造から脱却し、より安くて効果のある商品をエンドユーザー企業に提供する」です。

 

現状、業界の多段階下請構造により不利益を被っているエンドユーザー企業を救うことで、中小企業のIT化を進め、日本の生産性向上に貢献していきたいと考えています。

 

 

2.人としての力をつけよう

 

船井幸雄は、「力=才能×知識×経験×態度×心」という公式で”力”を表しています。

 

才能を磨き、新しい知識と経験に挑戦し、自分を知ることで謙虚な態度になり、行動はより速く正確になり、心は努力して大きくすべきと言っています。

 

私も5つの要素を意識して、力をつけていきます。

 

3.人を認め、自由を大事にし、責任を持とう

 

力をつけるためには、第三者が認めてくれる環境、自由で責任を持って独自性を発揮できる場が必要です。

 

私もチーム内でもそのような環境や場を意識的に作っていきたいです。

 

4.成功、幸せの5条件を積極的に

 

成功、幸せの5条件とは以下のものです。

 

1)大きな夢とビジョンを持つ
2)考えうる近い未来までの具体的達成目標と計画を持つ
3)現在への全力投球
4)ものごとをなるべくマクロでつかむ
5)会社、上司、部下、お客様、関連先のために尽くす

 

これらは、私が毎日の行動計画を記している「未来ノート」に記載し、日々の行動に反映していきます。

 

 

皆さんも皆さんなりの「包み込みの発想」を持ってみてはいかがでしょうか?

 

(斉藤芳宜ブログより)

コラム執筆者のプロフィール

船井総合研究所 グループマネージャー シニア経営コンサルタント
斉藤 芳宜

福井県出身。神戸大学経営学部卒。中小企業診断士。
大手通信会社においてIT関連の新規事業立ち上げのチームリーダーを経て、船井総研に入社。
現在、船井総研・IT企業コンサルティングチームにおいて、特に即時業績アップにつながるコンサルティングを得意とする、IT・ソフト開発会社専門コンサルタントである。「答えは現場にしかない」という信念のもと、年間250日以上を現場での調査と業績アップ支援に充てている。IT企業経営者向け総合情報サイト「ITベンダー経営.com」の運営統括責任者であり、全国のIT企業経営者を組織化し、オンリーワン高収益企業の輩出を目指す勉強会「ITベンダー 経営研究会」を主宰している。
斉藤芳宜のブログはこちら 》
斉藤芳宜のフェイスブックはこちら 》

無料メルマガ登録はこちら

CONTACT

株式会社船井総合研究所
ITビジネスコンサルティングチーム

  • 〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-6-6
    日本生命丸の内ビル21階
  • 03-6212-2934
フォームからのお問い合わせ