DIGITAL MARKENTING CONSULTING

  • IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!
    船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
  • お問い合わせ
  • 資料請求

コンサルタントコラム

お役立ち情報配信 無料メルマガ登録 売れる商材を知りたいという方へ IT Business Consulting
経営

兎澤 直樹

社員の主体性を引き出すポイント 兎澤 直樹【経営コラム 2016-04-15】

こんにちは。

船井総研の兎澤(とざわ)です。

 

「ウチの社員は主体性がないんだよなぁ」

 

そのように感じられる経営者・経営幹部の方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、それは主体性を引き出すためのマネジメントのやり方に問題があるのかもしれません。

 

 

昨日、船井総研が毎年行っているグレートカンパニーアワードで、

2014年に大賞を受賞されたジョンソンホームズの川田常務のご講演をお聴きしました。

 

その中で、「社員の主体性を引き出すポイント」として、

非常に参考になるお話がありました。

 

それは、「主体性=話す量」

 

だということです。

 

 

人は、「なんのためにこれをやるのか?」ということを自分で考え、

自分で発言することで、主体性を発揮するというものです。

 

いくら経営者・経営幹部の方が「売上10億やるぞ!」と言っても、

社員にとっては単に押し付けられただけで、「なんのためにこれをやるのか?」が

理解できていません。

 

経営理念やミッションも、浸透させようとすればするほど、

上からの押し付けになってしまいます。

 

それよりも、経営理念やミッションがどういう意味なのか、

日頃の業務の場を絡めてディスカッションしてもらう時間を、

会議などの場で多く設けるそうです。

 

そして、経営者・経営幹部の考え方と多少のズレが生じていても、そのことを認めるそうです。

 

すると、社員が自ら発表しやすい雰囲気を作ることができるそうです。

 

そして、発表させると、意外と社員が優秀で、

実例をもとに経営理念の解釈を深めていかれるそうです。

 

・経営理念やミッションの意味

・どうやったらこの売上・粗利目標をクリアできそうか?

・どんなオフィスにしていきたいか?

 

など、これからは、経営者・経営幹部が上から押し付けるのではなく、

社員に多く話してもらう時間を作ってみてはいかがでしょうか?

 

少しずつ、主体性を増す組織を醸成していくヒントがここにあるように感じます。

コラム執筆者のプロフィール

船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント
兎澤 直樹

2010年、船井総合研究所へ入社。
地域密着型のOA機器・IT機器販売業界における業績アップコンサルティングに特化し、全国を飛び回っている。

入社以来、BtoBマーケットにおけるマーケティング・営業支援・新規事業立ち上げに従事。
これまで、IT企業、物流業、環境ビジネス、人材派遣・紹介業、弁護士・税理士・司法書士等の士業事務所、製造業など、数多くのBtoBマーケットにおけるコンサルティングを経験。

現在は、OA機器販売会社様やIT企業様における、新規開拓、セミナー/展示会マーケティング、WEBマーケティング、新規事業立ち上げ支援を行っており、多くの業績アップの成功事例を持つ。

多くの業界でのコンサルティングを経験することで培われた、数多くの実弾的な業績アップ手法に定評がある。 中でも、とことん現場に入り込み、一気に成果を高める新規開拓支援と、 セミナー/展示会マーケティングには、特にクライアントから高い評価を受けている。

兎澤直樹のブログはこちら 》
兎澤直樹のフェイスブックはこちら 》

無料メルマガ登録はこちら

CONTACT

株式会社船井総合研究所
ITビジネスコンサルティングチーム

  • 〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-6-6
    日本生命丸の内ビル21階

  • 0120-958-270【受付時間】平日9:00~18:00
    お問い合わせの際は「デジタルマーケティング
    のサイトを見て」とお伝えください。
フォームからのお問い合わせ