DIGITAL MARKENTING CONSULTING

  • IT企業・システム会社・ソフトハウスの業績アップのノウハウがここにある!
    船井総合研究所 IT企業コンサルティングチーム
  • お問い合わせ
  • 資料請求

コンサルタントコラム

お役立ち情報配信 無料メルマガ登録 売れる商材を知りたいという方へ IT Business Consulting
マーケティング

坂井 周史

Webマーケティング目標の設定の仕方 坂井 周史【マーケティングコラム 2017-2-14】

皆さんこんにちは、船井総研坂井です。

 

これまで多くのIT企業様のWebマーケティングをお手伝いさせていただきましたが
自社製品・サービスのソリューションサイトをお持ちの企業様であっても
多くの企業様ではWebマーケティング目標の設定ができていません。

 

 

今回のコラムでは「Webマーケティング目標の設定の仕方」をお伝えいたします。

 

Webマーケティング上の目標設定ができていない会社であっても
売上目標がない会社はほとんど存在しないことでしょう。

 

Webマーケティング目標を設定するポイントは、売上目標から逆算することです。

 

 

目標設定の流れは以下の順番で行います。
①達成したい年間売上目標のうち、Webから獲得したい売上を決める(Webの売上目標を決定)
②Webから獲得する案件の受注単価を過去実績から算出する
③Webサイトのコンバージョン(お問い合わせ・資料請求など)率を測定する
④Webの売上目標をWebからの受注単価で割る(年間で必要なコンバージョン獲得数を算出)
⑤年間で必要なコンバージョン獲得数を現状のコンバージョン率で割る(年間で必要なセッション数を算出)

 

「③Webサイトのコンバージョン(お問い合わせ・資料請求など)率を測定する」については
過去1年間でWebサイトから得られた引き合いの数 ÷ 過去1年間のWebサイトのセッション数(%)
で計算します。

 

これで、Webサイトに必要なセッション数が明らかになりました。
このセッション数がWebマーケティング上の目標となります。

 

現状のセッション数と大きく乖離しているようであれば、
今まで実施していない訪問者を増やす施策を打つ必要があります。

 

また、算出したセッション数が非現実的な数値なのであれば、
コンバージョン率を上げることで必要なコンバージョン数に近づけることができます。

 

コンバージョン率は1%がモデルサイトの数値ですので、
現状のコンバージョン率が1%に大きく届かない場合はコンバージョン率の改善も必要です。

 

 

ぜひ、Webマーケティングに取り組んでいる会社様は参考にしてください。

コラム執筆者のプロフィール

坂井 周史

慶應義塾大学卒。船井総合研究所に入社以来、一貫してBtoBマーケティングに携わり、IT企業を中心として物流企業、製造業、人材紹介会社など様々なBtoB企業の戦略策定、マーケティング強化のコンサルティングを行っている。

 

徹底した現場調査に基づく分析には定評があり、データサイエンティストの名をほしいままにしている。

無料メルマガ登録はこちら

CONTACT

株式会社船井総合研究所
ITビジネスコンサルティングチーム

  • 〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-6-6
    日本生命丸の内ビル21階

  • 0120-958-270【受付時間】平日9:00~18:00
    お問い合わせの際は「デジタルマーケティング
    のサイトを見て」とお伝えください。
フォームからのお問い合わせ